オガワコマドリ
 2008年の5月、石川県の舳倉島に初めて行きました。舳倉島は、日本でも有数な渡りの探鳥地です。日本全国からバーダーがやってきていました。民宿で、朝食をしているとオガワコマドリがでたという情報が入りました。半信半疑で、その場所に行ってみると、本当にいました。もうすでに7・8名のバーダーがきていました。超望遠レンズをオガワコマドリの方に向けています。私のところからは、少し遠い。私は、70〜400ミリズームレンズ1本。他の人は、少しでも鳥に近づこうと、三脚をかかえて移動して行きました。私は、狙いを定めたところから動かず待つことにしました。狙いを定めたところは、バックに日本海が見え、光線状態も良いところです。島にきたのだから海を入れたいと思ったのです。そして、待つこと約1時間。私が、待っているところにオガワコマドリが歩いてだんだん近づいてくるではありませんか。内心、わくわくしながらレンズを向け、ピントを合わせ続けました。そして、とうとう待っている石の上に上がってくれたのです。もう夢中でシャッターを切りました。バックに海が入るように、ポジションをできるだけ下げて撮りました。オガワコマドリを独り占めにしてしまいました。舳倉島の良い思い出ができました。
 目次へ  フォトギャラリーへ
inserted by FC2 system