オオノスリ
実は、オオノスリの撮影はあきらめていました。というのが、撮影できる距離に近づくことができないからです。お気に入りの止まり木があれば、そこで待てば良いことなんですが、ここの場所では、見渡す限り止まり木になるのもはありません。ところが、この日はゆったりと上空を旋回してくれたのです。しかも、真上を旋回したのでシャッターチャンスがおとずれました。吸い込まれそうな真っ青な空に、舞うオオノスリはとても美しいものでした。ノスリの印象は、鋭い目と狩りの名手といったところです。ところが、印象ががらりと変わりました。今まで美しいタカという印象を持ったのは、ハイイロチュウヒのオスしかありませんでした。ハイイロチュウヒは、黒と白のコントラストが美しいタカです。でも、オオノスリを真下から見ると、白がきわだち美しいタカです。そう思えたのは、背景の青空が大きく影響しているようです。 
 目次へ  フォトギャラリーへ
inserted by FC2 system