マナヅル
 2009年2月20日から1泊2日で鹿児島県出水にツルの撮影に行きました。この時期に出かけたのは北帰行狙いでしたが、1日目はお昼頃現地に到着したため、ねぐら近くにいるマナヅルを撮影しました。この時期は、マナヅルは画像のように首を大きく後ろにそり、羽を精一杯広げる求愛行動をよくします。もう一羽がそれにこたえるかのように、そばで鳴きます。2時間ほど観察していると、どんな行動をとると求愛行動が始まるのか、だいたい分かってきます。たくさんマナヅルがいる中から、求愛行動をするマナヅルを撮影するためには、予測が必要です。求愛行動を始めてから、レンズを向けても一番良い瞬間には間に合いません。求愛行動で精一杯羽を広げたところです。羽が大変美しく、まるでロングドレスみたいです。昨日、アカデミー賞の授賞式がテレビでありましたが、その時にでてきた女優さんのドレスを連想させてくれます。画像を見て、こんなに羽があったのかとあらためて驚かされます。
 目次へ  フォトギャラリーへ
inserted by FC2 system