ミサゴ
 曽根干潟にオオノスリが出たということで、撮影に出かけました。三脚を立て、カメラとレンズをセットし待ち構えていました。そうすると、ミサゴがやってきてクリークに飛び込みました。飛び込んだもののなかなか上がってきません。なぜかなと思っていると、大きな魚ボラを鷲づかみして、上がってきました。チャンス到来です。慌てて、カメラとレンズをミサゴの方に向けシャッターを切りました。相手は飛んでいる鳥、あっという間のできごとでした。以前から、ミサゴが魚を捕まえたところを撮りたいと思っていました。ある日は、丸一日をかけこのシーンを狙ったことがありましたが、撮影することができませんでした。それが、オオノスリを待っている間に撮影できるとは、全く予期しないことでした。予期しないできごとに対応できたのもデジタルカメラのお陰です。飛んでいる鳥のピント合わせが、デジタルカメラの進化のお陰で簡単にできるようになりました。
目次へ フォトギャラリーへ
inserted by FC2 system