カッコウ
 2009年の6月下旬から7月上旬にかけ北海道に行った。その時に撮影したもの。ここは、小清水原生花園。訪れた時は、エゾスカシユリが満開でとても美しかった。観光のコースに入っているようで、とても観光客が多いところだ。撮影していると観光客から話しかけられることがあり、戸惑ってしまう。大きなレンズをカメラに付け、三脚も立てているので目立ち、しかたがないところがある。小清水原生花園で、エゾスカシユリに止まるノゴマを撮影していた。待っていても、狙ったところには来ず、時間がどんどん過ぎ、5時ごろになった。日が傾き光線状態は良くなってきた。遠くで鳴いていたかっこうが、飛び立った。縄張り争いをいているようで、他のかっこうを追跡し追い出していた。そうしているうちに、目の前の木にかっこうが、ふわっと降りて来て止まった。予想もしなかった出来事だった。心の中で「ラッキー。」と言っていた。落ちついてファインダーの中にとえる事ができ、シャッターを切った。「いい光線だ。」
目次へ フォトギャラリーへ
inserted by FC2 system