ヤマガラ
 ヤマガラの撮影は、難しいです。ヤマガラは、留鳥で一年中いるのでいつでも見ることができるし、撮影チャンスも多いいです。難しくしているのは、非常によく動くからです。レンズをヤマガラに向け、カメラのファインダーに入れシャッターボタンを押そうとすると、動いてしまいファインダーの外に出てしまいます。すぐに、レンズをヤマガラに向けるのですが、また、動かれてしまいます。こんなことを何度も繰り返すのでですが、上手く写すことができません。それで、今年(2009年)は、三脚にカメラをセットせずに、手持ちで挑戦してみました。レンズは、80から400ミリです。これでもなかなか上手くいきませんでした。今度は逆光になり、鳥の色が上手く出せませんでした。ヤマガラは。木の小枝を次から次に動くき、それを手持ちのレンズで、木の下から上に向けているため、背景に空が入ってしまい、逆光になってしまうのです。今年はたくさんヤマガラの写真を撮りましたが、結局昨年(2008年)の秋に撮影したものを選びました。
 目次へ  フォトギャラリーへ
inserted by FC2 system