鬼杉
 鬼杉とは、英彦山にある大木の杉につけられた名前です。英彦山では、鬼は天狗をイメージし、天狗は、修験者を連想させられます。それだけに、この山は信仰と深い関わりがあります。この鬼杉は、樹齢推定1200年と言われています。幹の部分はその年輪を感じさせてくれます。堂々と見えるように気をつけて撮影しました。幹の部分は、堂々としていますが、実は先の方は折れてしまっています。恐らく台風か雷でやられてしまったのでしょう。私が、ここで撮影していると一人の方が登って来ました。今から、頂上まで登るのですかと声をかけると、意外な返事が返ってきました。「ときどきこの鬼杉に会いに来ています。」その方は、よくここにこられ鬼杉を見ると、また帰ってしまうそうです。そんな方もおられるのです。自然の厳しさに耐え、1200年も年を重ねている鬼杉。鬼杉には人を魅了する何かがあります。
目次へ フォトギャラリー
inserted by FC2 system