ヒコサンヒメシャラ
 植物のことは、詳しくないのですがヒコサンという固有名詞がついたのは、このヒコサンヒメシャラだけだそうです。英彦山を代表する植物です。それだけに是非撮影したいとずいぶん前から思っていました。6月の上旬、この植物を撮影に出かけました。ちょうど雨が降っていました。傘をさしての撮影だったので、思うようにはなかなかいきませんでした。傘をさして一番困るのは、風が吹いてきて、傘がとばされそうになることです。傘は押さえておかなければならないし、カメラはもっておかなければならないし、一人では思うように撮影できませんでした。こんな時、傘を持ってくれる人がいたならば、かなり自由に撮影でき、助かるのですがそうもいきません。そんな苦労をして撮影した一枚です。雨が降っていたので、水滴が写っています。みずみずしさが感じられます。花のほんの一部分が赤くなっています。恥じらいで頬をほんのり赤く染めたように見えます。
目次へ フォトギャラリーへ
inserted by FC2 system